子どものアトピーの症状には、次みたいな症状があります。 ・乾燥 ・かゆみ ・湿疹 これらが子供のアトピーの主な症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)になるでしょう。 まず、赤ちゃんは、3ヶ月頃から、お肌が乾燥しはじめます。 これは、お母さんからの抗体がなくなり始めているからです。 乾燥でも、単なる乾燥ならいいのですが、アトピー性のドライスキンの場合があります。 ただ、乾燥だけでは、アトピーかどうか判断出来ません。 次に、かゆみですが、かゆみはアトピーの症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の中でも最も辛い症状です。 我慢できるかゆみなら良いのですが、アトピーの場合、我慢できないほどのかゆみがほとんどなんです。 子供は、我慢できず、かきむしってしまうことがよくあります。 そのため、お肌がボロボロになり、血が出てしまうことも・・・。 寝ている間も、無意識にかいてしまうことがあるので、包帯などで患部を保護してあげましょう。 最後に、湿疹ですが、乳児の場合は、顔や頭にジュクジュクした湿疹(皮膚に炎症が起こることをいい、皮膚炎ともいいます)が出来ると思います。 そして、年齢が増すにつれて、肘や膝の裏にカサカサの湿疹(アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などの疾患が原因となる他、食べ物のアレルギーやダニなどが原因で起こることもあります)ができるようになるのです。 これらは、かゆみを伴う湿疹(急性湿疹と慢性湿疹に分けることができます。痒み止めとステロイドによる投薬治療が一般的でしょう)なので、気を付けてあげなければいけませんー